鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編~

【SP用】鬼浜爆走紅蓮隊(友情挽歌編)

鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編~のスマホ用パチスロアプリをプレイした感想や、実機の打ち方などの基本情報を紹介します。

鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編~をスマホでプレイしてみた

アプリを即プレイしたいならこちら

画像にタッチ

【SP用】鬼浜爆走紅蓮隊(友情挽歌編)

鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編~アプリ

鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編~のスマホ用パチスロアプリが出たので、まずはプレイしてみました。

プレイ前に画面を見てみると、とりあえず上手く筐体を再現されていて驚きました。

ガラケー時代のパチスロアプリとは、比較にならない完成度ですね。

デモ画面も綺麗に動いていて、変な違和感とか全くありません。

これだと画面だけ大きくしたら、実機と遜色ない気がします。

そんなわけで早速プレイしてみると、レバーを叩くだけで勝手にベットされてリールが動き出しました。

ヤバいこれ、本物と同じような挙動ですよ。

あとは指スライドで止める事ができるか試してみましたが、一応出来るようです。

ただ、ボタンが小さいので、偶然出来ているという感じが強いですね。

演出面もスムーズに動いてボイスも綺麗なので、実機を打った後にプレイしても割とイケそうです。

無意味にヌルヌル動いているキャラや背景が、また良い味出していますね。

ボーナスやATの時に、押し順でボタンが小さいので微妙に焦りますが、案外狙って押せるので安心です。

アプリも熱い「鬼浜」

【SP用】鬼浜爆走紅蓮隊(友情挽歌編)

実機は楽に打てる!鬼浜爆走紅蓮隊基本情報

鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編~の実機は、とりあえず楽に打てるのが特徴。

まず気になるのが、MAXBETボタンがない事だが、その理由はレバーにあった。

何とMAXBETボタンとレバーが合体した為、最初に押すという行為が必要なくなった。

あと、ストップボタンも指をスライドさせるように押せるようになって、凄まじく楽なのだ。

単純にリールと止めるという作業も、数を繰り返せば疲労感があるものなので、これは嬉しい変更点だと思う。

基本的なゲーム性は、狂乱麗舞と呼ばれるATを搭載している、ATに特化型で、他の4つの擬似ボーナスがある。

それぞれのボーナスに当たる直前は、前兆演出が発生して盛り上がるぞ。

ボーナスの種類は、50G継続となる特攻ボーナス、男ボーナス、30~150G継続の成り上がりボーナス、25G継続のボーナスゲームがある。

各ボーナス中は、当然ながらATの抽選が行われているので、熱く盛り上がって打てるのだ。

お待ちかねのAT狂乱麗舞は、40Gが1セットで、あとは継続するかどうかが重要。

AT継続のポイントとなる上乗せ特化ゾーンは、鬼メダルゾーンと鬼神乱舞の2つが存在する。

また規定ゲーム数は、通常A、B・天国準備・天国・超天国という感じで5種類ある。

天井は、これらのモードによって変化するが、最高でも990Gだ。

鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編~の打ち方

通常時

通常時の打ち方は、左リールの上段付近に特攻絵柄を狙います。

とりあえず白いバーぽいものを狙っておけば問題ありません。

そして上段に特攻絵柄、もしくは中断チェリーとなった時は、残りを適当に止めます。

上段か下段にチェリーが止まったら、残りのリールは、しっかりとチェリーを狙います。

あと左リールにスイカが止まった時は、中リールにスイカを狙い右リールは適当に止めます。

擬似ボーナス中

擬似ボーナスが発生したら、何も考えずに押し順ナビ通りに打ちます。

そして何かしらの指示と同時にカットインが出たら、指示通りに目押しをします。

よくわからない演出の時は、とりあえず通常時の小役狙いをしておけばOK。

AT中

ATに入ると、基本は押し順ナビに従う事となります。

それ以外の演出が出てきたら、ここもボーナス時と同様に通常時の打ち方をするだけです。

以上の打ち方は、実機とパチスロアプリ共通となります。

スマホで実戦トレするならこちら

画像タップでアプリを確認

【SP用】鬼浜爆走紅蓮隊(友情挽歌編)